入社のきっかけは?

番組表作成を通しての縁

関連会社でアルバイトとしてテレビジョンに掲載する番組表を作成する仕事に従事していたところ、ご縁があり角川アップリンクの前身となる会社に入社しました。

今までに担当してきた業務は?

映画解説から電子書籍監修まで幅広く

入社当初は雑誌(ザテレビジョン)や新聞に掲載される映画の解説やコラムを書いていました。出産のため1年間の育児休暇を取得したのち、電子書籍を扱う部署に異動しました。現在は、KADOKAWAで出版されている電子書籍の監修業務や、「俳句」「短歌」など電子版雑誌の制作業務を担当しています。

今後やってみたいことは?

電子書籍発展と人材の育成に力を!

単話売りコミックやタテスクコミックなど新しいジャンルの電子書籍が広がる中、電子書籍事業の発展のため、自らもレベルアップをしつつ人材の育成に力を入れていきたいです。

角川アップリンクの魅力は?

育児休暇など働きやすい環境

全くの未経験からでもいろいろな仕事に挑戦することができます。私は電子書籍の知識は全くない状態でスタートしましたが、周りのサポートもあり現在ではサブリーダーを任せられるようになりました。

また、出産のため二度の育児休暇を取得しましたが、さまざまな制度を利用することで、子供を育てながら好きな仕事を続けることができています。テレワークが導入されているので、家庭の状況に関わらず、好きな仕事をできる環境があると思います。