入社のきっかけは?

憧れのエンタメ業界に関わりたい

以前からエンタメ業界に憧れていて、エンタメ関連を中心に就職活動をしていたもののなかなかひっかからず(笑)。そこで内定をもらった証券会社にまずは入社したのですが、働いている間もやはり「エンタメに関わりたい」という思いがあったので、早々に転職を決意しました。テレビ誌『週刊ザテレビジョン』『月刊ザテレビジョン』の制作をしていて、取材もできるという業務内容に引かれて入社しました。

今までに担当してきた業務は?

番組取材から紙面編集一筋

初めはキー局担当の記者として、TBS担当班に配属になりました。TBSの番組を取材して、『週刊ザテレビジョン』や『WEBザテレビジョン』に掲載する記事を書いて、業務を学んでいきました。その後は記者業務と兼任して『週刊ザテレビジョン』の編集作業も行うようになり、現在も誌面の編集と取材が業務の中心です。

今後やってみたいことは?

もっとコンテンツを多く!

キー局担当として長くテレビ関連の業務に関わってきましたが、それに加えて今後は映画やアニメ関連など、より扱うコンテンツの幅を広げていきたいと思っています。そこで新たなサイトや媒体の立ち上げなども経験してみたいですね。電子を含めた書籍に関する業務にも興味があります。

角川アップリンクの魅力は?

予想以上に実現できるやりたい仕事

幅広い業務を手掛けていること、そしてその中でやりたいと思ったことを予想以上に実現できていることだと思います。もちろんまだまだ勉強中の身ではありますが、先輩方や同期など周りに助けてもらいながら、今もいろんなことができています。そんな中で、自分が関わった特集やWEBニュースを読んで喜んでくださる人がいると、やはりうれしいですね。